印刷物のご用命は花びゅうへ

TEL0980-74-3881
e-mail:hanaview@miyako-ma.jp

沖縄ジャーナル 花 View 41号

特集:終戦67年−戦争体験談
     国仲喜八郎・国仲松江・下地朝二さん3氏の証言

 個人を尊び、他者を思いやる心が忘れられると暴力や戦いの世界へと陥ってしまう。人間が人間として、幸せな人生を希求して生きるには戦争のない平和な世でこそ可能である。しかし、人類の精神は大昔の戦国時代からどれだけ発達し、進歩したのだろう。今日においても国家・民族間の武力紛争は絶えず、覇権主義は台頭して戦争が繰り返され、人命は軽視され殺戮や暴行、略奪は数限りない状況である。世界の人々が大事な命を尊び、大事な心を取り戻し、協調して共に平和な世界を築くことを願うばかりである。  8月15日、第2次世界大戦・沖縄戦集結から67周年の終戦記念日を迎えた。戦地での兵員の戦死、空襲や攻撃などによる民間人の犠牲、住民をも巻き込み陸上戦となった沖縄戦の惨劇など、傷跡は今でも深く残っている。沖縄戦などで死去した人々の氏名を刻んだ「平和の礎」の刻銘者数は去る6月23日現在で総数24万1167人に及ぶ。自ら戦時を体験した人々の困難や苦しみ、悲しみの深さは計り知れない。毎年、沖縄各地の慰霊祭で犠牲者のめい福を祈り、「二度と戦争を起こしてはならない」と恒久平和を切に願う姿は強く訴えるものがある。しかし、戦時中、中学生で戦争を体験した人たちでも今や80代半ばの高齢者となった。戦時の体験を語り継ぐ人たちが少なくなり、次第に戦争体験の深い反省から得た教訓が薄れていっている事実は否めない。それを風化させない努力が大事になってくる。戦争体験者の証言の記録として、今回は宮古島市の国仲喜八郎さん(93)・松江さん(83)夫妻と、下地朝二さん(86)の3氏の体験談をつづった。詳しくは本誌で!

トピック

■さわやか第39代ミス宮古

■宮古島市こども劇団立ち上げ公演

■創立40周年みゃーくあーぐ大会

■第14回宮古民謡コンクール

■2012夏休み子ども俳句教室

■俳句in沖縄宮古地区大会

■まれびと達の見る夢2「びようしつyula」

■宮古島夏まつり2012

<< 前のページに戻る

お客様の声

おすすめ商品

【当社の対応姿勢】

①より良いものづくり、お客様のご満足の応援をとことんさせていただきます。

②ただ作って印刷するだけではありません。より良いものを求めて相互のやりとりを密にし、デザイン制作、編集の方法などいろいろとご提案いたします。

③校閲・校正も任せきりにしません。誤りゼロに努め当社でもしっかりと校閲・校正いたします。

④価格はご相談に応じます。大量注文、リピート注文、複数回注文、余裕のある納期日数などにより価格の特別割引もあります。

↑ PAGE TOP